1/5

マレ・バセ 2021 (MAREE BASSE)

¥4,180 税込

残り1点

※この商品は、最短で4月18日(木)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

 蔵元:ジュリー・ブロスラン (JULIE BROSSELIN)
  国:フランス 
 地域:ラングドック
 品種:グルナッシュ・ノワール
タイプ:赤
 土壌:粘土石灰質土壌
 醸造・熟成:樹齢15-20年、粘土石灰質土壌の畑。100%除梗して、4日間マセラシオン。マロラクティック発酵、5日間一日一回のピジャージュ。その後グラスファイバータンクで6ヶ月間熟成。
 度数:12.0 %

*インポータコメント*
マレ・バセとは
引潮の意味=グラスが空っぽ=グビグビ飲めるワインがコンセプト!

昨年までは黒ぶどうと白ぶどうをブレンドしていたが、今年はグルナッシュ・ノワール100%!
例年に比べ、色合い&味わいともに少し濃いめ。

「酸っぱ旨い!!」と感じる、カリカリした梅や、かつお節のしっかりした旨み。凛と味わいを支えるミネラル。
弾けるような果実味をこれでもかと詰め込んだ、言わずと知れたジュリーの大人気キュベ!!

クミンや八角を思わせるエキゾチックなスパイスのニュアンス、苦み、酸味、繊細なタンニンもしっかり含まれ、絶妙なバランス。

!! 20歳未満の飲酒は法律で禁止されています !!

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品をアプリでお気に入り

蔵元:ジュリー・ブロスラン

 産地:フランス ラングドック 
造り手:ジュリー・ブロスラン

各業界女性の台頭が目覚ましい昨今。
自然派ワイン界ももちろん、力強くしなやかな女性醸造家がドンドンと出現!
ジュリーはラングドックの中でも1番濃いワインの出来るモンペイル村周辺のぶどう畑で、
今までに無いスタイルのワインを造り出している。
モンペイル村といえば、ラングドック地方を世界に知らしめた、
あのレグリエールを生み出した偉大な村。
もはやレグリエール次世代は彼女の独壇場と言っても過言ではないほど、進化を続ける!


 (2018年スタッフ・ウエタのレポートより抜粋)
実はその日の朝までバルセロナにいた私たち、約束の時間を少し過ぎ、
教えられた住所のインターフォンを何度鳴らしても誰も出てこない…
フランスあるあるは本当に…と思いながら、
電話をかけると、どうも収穫が押しているとのこと。

モンペイル村からは少し離れた隣村の畑で収穫の打ち上げをしているので、
こっちに来て~!と言われたので、早速車を飛ばして指定のカフェへ。
モンペイル村からおよそ15分、小さなヴィラージュのこジャレたカフェには、
ジュリー・ブロスランのヴァンダンジュ―ルたち(収穫手伝いの人)10名足らずが集っていた。

仲のよさそうなチームで、ほぼ皆、
毎年ジュリーとイヴォ(レスカルポレット)の収穫を手伝っている気の置けない仲間のよう。
中にはドメーヌ・マダのエドワール・アダムも。

今年の収穫は8月15日からスタート、およそ一カ月間続いて今日で完全終了!
お疲れ様です!仲間たちの労をねぎらうため、
ジュリーは自らビールやパナシェの注文をとりまとめる。
私に向かっては「オツカレ~」と!日本に来ていた時に覚えた言葉、
完璧なタイミングで使ってくれていて嬉しい、日本愛を感じる!

【二人の畑、二人のセラー】
ジュリーとイヴォは二人でおよそ5haの畑を所有、
二人で畑や区画を分けている訳ではなく、収穫後に分ける。
タンクは別。2人の未来に向けてのプランは順調に進んでおり、
ミュスカや、イタリア品種などを植樹するテラスになっているぶどう畑を取得。

2019年にはなんとモンペイル村の中心にカーブも手に入れた!
と言っても、遠い昔オリーブオイルを造っていたカーブ後で、
火事の後、長年放置され、村の人達にも忘れ去られていた場所を、イヴォの情報網で発見!

イヴォ自身で重機で土を掘り、コンクリを敷き、排水、電機などなど全部やっている。
なんと、屋根すらなかった笑
(イヴォは大工さんに転身したのか?と言われるくらい熱の入れようだったたとか!)
セラーも畑から近くなりどんどん革命が進んでいくジュリーから目が離せない!

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥4,180 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品
        CATAGORY